1. トップ
  2. ジャーナル
  3. Montessori Parents Day 2024 開催レポート

Montessori Parents Day 2024 開催レポート

公開日:

2024年6月8日(土)に開催された Montessori Parents Day 2024。
今年で2回目の開催となりました。

今年のテーマは「深めよう、今とこれまでの自分」

イベント前に郵送された招待状とワークブックを手に、緊張された面持ちで受付をされる参加者の皆さん
ガイドあすちゃんの開会の挨拶によりイベントがスタート。

早速、第1部「深めよう今とこれまで〜今を感じながら振り返る〜」が始まります。 Montessori Parents Dayのテーマでもある「自分らしい子育てをみつめる」にはまずは自分を知ることが大切。モンテッソーリ教育を築いたマリア・モンテッソーリも「教育への本当の準備は自分自身を学ぶことです」と述べています。ということでまずは自分自身を知る時間。

事前にご自宅で取り組んでいただいたワークでは自分の子育てにはどんな傾向があるのかを知りました。当日はさらに深く「自分らしさ」をみつめていきます。
はじめに「今と過去を深めこどもをみつめる自分を探索する」をテーマに「思考のクセ」や「自分らしさ」に向き合いました。
自分らしい子育てがウェルビーイングにもつながっていきますよね。

「今の自分」と向き合ったあとは、さらに自己認識を深めていくために自分のこども時代を振り返りました。

  • 親や周りの大人に「もっとこうして欲しかった」と今だから願うことは?
  • 幼少期の親や周りの大人とのかかわりの中で、今の自分の価値観に影響を受けているなと感じることはなんですか?

などの問いに答え、それを「物語」として同じグループの仲間にシェアしました。
「物語」を聞いた相手の方からのフィードバックを通して自分では気づいていなかった自分に気づくことができました。

その後は全体でのシェアタイム。

  • 幼少期のかかわりは、自分では意識していない潜在意識のレベルで自分に根付いていると気づいた
  • シェアし合った仲間との共通点から新たな気づきが生まれた
  • 幼少期に経験した嬉しかっことも悲しかったことも、全て自分らしい子育てのエッセンスになっていると気づいた

などのお声がありました。

さまざまなWorkを通して、自分の中にある想いをワークブックに真剣に書き留めています。

こうして、第1部は内面的な自分にしっかりと向き合い、そこに同じグループの方からの外面的な自分へのフィードバックがプラスされ「自分らしさ」について深める時間を過ごしました。


第1部終了後は、ランチ交流タイム

グループでのお話に花が咲く皆さん

同じグループになった皆さんで、今日この場に参加した理由や日々悩んでいることなどを共有し、何気ない会話からも「新たな自分」を発見することができました。

各グループごとにオリジナルワークブックを持って「はい、ポーズ!」
午後の時間の前にはアイスブレイクのゲームで大盛り上がり!優勝チームにはモンテッソーリペアレンツ特製のノートをプレゼント。


午後の部「共に深めよう、今とこれから」に突入!
午前中にみつめた「これまで」の自分。午後は「これから」の自分へ

  • 子育てを終えたあなたが「今のあなた」に言葉をかけるとしたら、どんな言葉をかけますか?
  • 20歳になった我が子とどんな関係を築いていたいですか?
  • こどもの育ちを助ける上で「どんな大人」でありたいですか?

このような問いに対して、思考をめぐらせ、「自分らしい子育て」を言語化していきました。

ワークの最後は自分、こども、パートナーに感謝したいことを通して、自分らしい子育てをみつめました。この感謝から生まれる参加者の皆さんの温かい言葉の数々に涙する方も。

参加者の皆さんに事前にお送りいただいた“2024年の子育て・自分らしい子育て”を表すお写真。当日は、そのお写真を印刷してご用意。写真の1枚1枚にもたくさんの想いや物語が詰まっていました。


MP Dayに参加する前に感じていた2024年の子育てと、この日、自分のこれまでとこれからを振り返ったからこそ感じる2024年の子育て。
ご参加の皆さんのこれからに変化はあったでしょうか?

自分一人では気づけなかった自分らしさ、その締めくくりとして1日を共に過ごしたグループのメンバー同士で、互いのワークブックを交換しメッセージを贈り合いました。「今日初めて会ったのに全然そんな感じがしない!」という声が聞こえたり、午後の部が終わりに近づく頃には皆さんの心の距離が近づいているのを感じました。

最後は今の自分・一年後の自分(パートナーやお子さん)に向けて手紙を書きました。何とこの手紙は1年後に参加者の皆様へお届けします!その時に皆さんがどんな気持ちでこの手紙を読まれるのか楽しみです。


こうしてあっという間に、 Montessori Parents Day2024 は終了。
2024年のテーマであった「深めよう、今とこれからの自分」。これまでを振り返り、これからをみつめ、「自分らしい子育て」について思考、言語化し、たくさんの気づきが生まれた1日でした。

参加された皆さんから届いた当日の気持ちや気付きもご紹介します。

子育てで抱える課題・もっとよくしたいという思いに対して、こんなに真剣に時間と思いをかけて過ごすことにエネルギーを注げる人がこんなにいるって素晴らしい。日常ではこんなに真剣に向き合ってフィードバックをもらえる機会はなかなかないのですごく貴重な時間でした。

毎日こどもたちの出来てない、どうしようを一つ一つ積み重ねていた。でもそうじゃない、こどもたちが目の前にいてくれるだけで感謝だし、こどもとしっかり向き合い、一緒に楽しむ時間を作っていくことで、積み重ねていた小さな悩みは私がどうにかしなくてもこどもたちが自ら自然とできるようになっていくと思えました。

MPDay2024を共に過ごした参加者の皆さんとの記念撮影。

Montessori Parents Day を終えてメッセージ

当日の余韻に浸りながら
初めての育児を振り返りました。

常に携帯を片手に正解を探していた日々。
泣いているこどもを前に自分の無力さを感じた日々。
それでも我が子はとにかく可愛くて愛おしくて。
人生で1番幸せで、1番悩んだ日々でした。

子育てに万人共通の正解はなくて
自分とこどもと向き合い、育むものなのだと理解するのに時間がかかりました。
あの人の正解は私の正解ではない。みつめるのは他者ではなく自分

100人いれば100通りのニーズがあるように、多様性に富んだ子育ての軸が集まり尊重されることで平和な世界が創られていくんだろうなぁと感じました。
この日皆さんと共に過ごした空間は尊重で溢れ、お一人お一人の満たされた表情から込み上げるものがありました。

自分ひとりでは認識できなかった感情や無意識な願い。共に過ごした仲間と話すことで気づけたこと、心温まる思いがあったのではないでしょうか。

それでも日々の暮らしの中で、こんなはずじゃ…と思う時があるかもしれません。
そんな時は皆さんの思いがたくさん詰まったワークブックを開いてみてください。
一歩ずつ、自分らしい子育てに向かって、共に歩んでいきましょう

Montessori Parents Day2024とこれからのモンテッソーリペアレンツでの学びがその一助となれたら幸いです。これからも一緒に子育てを楽しんでいきましょう!

モンテッソーリペアレンツで子育ての軸を育みたい方は、ぜひ無料説明会へお越しください!お申し込みはこちらから

Montessori Parents Dayの開催にご賛同いただいた協賛パートナー様

株式会社ストッケ様 https://stokke-jp.com/


mu ne me様 https://muneme.jp/

子育てのためのモンテッソーリ教育がオンラインで学べる!

モンテッソーリペアレンツは、子育てに特化したモンテッソーリ教育のマインド・知識・こどもへのかかわり方を体系的に学び、子育て力が身につくオンラインスクールです。

「どんなことが学べるの?」「子育てをしながら学べるか不安」といった疑問やお悩みにお答えする無料の体験&相談会をオンラインで実施しています。少しでも気になったらまずは体験&相談会へご参加ください。以下のボタンをクリックして、公式LINEからご予約いただけます。

この記事を書いた人
まいまい
まいまい(小瀬麻衣子)
モンテッソーリペアレンツガイド

「子どもの笑顔が溢れる社会を実現したい」という思いで会社員を退職。現在は子育て支援の活動をしながら、モンテッソーリペアレンツのガイドを担当している。

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました
子育てに
自信がない
こどもについ
イライラ
してしまう
こどもへの
声かけや
かかわり方が
わからない
モンテッソーリペアレンツでこどもが自立する
モンテッソーリ子育てを取り入れて
日々の笑顔を増やしませんか?
実践できるか
不安・・・
時間が
取れるかな?
自分にも
できるかな・・・
LINEでカンタン相談受付中!

今ならモンテッソーリ教師が厳選した
「年齢別 絵本リスト」をプレゼント!

公式LINEはこちら